Minamiashigara Sports Park

Great playground for the kids. We used to take our kids to run around there and have fun. Huge baseball diamond, a large pond and more. Recommended if you have a car and young children.  There are many tennis courts too, but you usually have to pre-book them. Free parking.  Great place for a picnic and an run around with young kids.

Recycling Centres in Minamiashigara

Recycling Centres in Minamiashigara

There are two recycling centres in Minamiashigara City. One is for burnable garbage and the other is for unburnable.  You are supposed to make an appointment at each.   The burnable trash center is in the Uchiyama area (Jizodo), and the unburnable one is in the hills above Iizawa.

Unburnable:

Telephone: 0465-71-0371

Burnable:

Telephone: 0465-74-3718

 

kari-baladad

Kari River, by Richard Baladad

THE 5 TYPES OF CONVERSATIONS YOU WILL HAVE IN JAPAN

THE 5 TYPES OF CONVERSATIONS YOU WILL HAVE IN JAPAN

(I like his 5th Conversation especially about the foreigners who live in Japan and don`t like anyone criticizing Japan. To my mind,
if I live somewhere, that entitles me to voice my opinion about that place, whether it be good or bad. I think we are all citizens of the world and do not have to like everything about a place, be it Japan, Canada or wherever. These foreigners who get angry with other foreigners for complaining about Japan or an aspect of Japan, I call them Japan Apologists, because they are not willing to see things in a neutral light and have to look at Japan through rose coloured glasses,….. OR ELSE! – Editor of The Minamiashigaran)

Now onto Carrigans article!

BY LIAM CARRIGAN

Next month it will be 9 years since I first moved to Tokyo and over the course of those 9 years I’ve met a lot of great people. I’ve also met some truly awful people and also probably more than my fair share of people I wish I had never met.

However, for budding amateur psychologists such as myself, the chance to meet and to learn from new people is always fascinating.

As in any kind of experiment, be it social or scientific, I have noticed various repeating patterns. In this context I am referring to those conversations we find ourselves having over and over again, and the types of people we continually encounter. Of course, generalizing people can be dangerous, however I think most of you who have been in Japan for any length of time will have encountered the types of people.

From my own experience, here are some of the most common scenarios, conversations and people I have encountered and I how I chose to deal with them. You may of course totally disagree with what I say here, but in the end debate is healthy, and hopefully we can provoke some discussion today. Read More

The Matsuda Police

Matsuda Police

“But I’ve had my share of dealings with police, in the U.S., Canada, and elsewhere in the world, and there is a universal truth: when police demand submission, it’s best to submit.”
–Neil Macdonald, CBC News

The police that protect Minamiashigarashi have their main station in Matsuda.

I know they do their best. But I have some complaints, and so do others.

Quite a few people in our town feel you are rude. One of my Japanese friends
said he really doesn`t like the local police.

Why are you rude if you stop people?

Admittedly many police are not rude, but I was stopped near my friend Eiji`s house and the police were so rude to me.
I had gone to ask Eiji if he would teach me guitar again. Eiji was out unfortunately, but his wife said that he was busy
and wouldn`t be able to teach me.

I got back to my van (parked next to Iwahara Park) and the two policemen were so rude. I don`t like being stopped and questioned if it is necessary, but I think
the police should be polite and professional about it. One officer said it would be 15,000 yen for parking my car next to the park, then insinuated that I was having an
affair with my friend`s wife. Then they wanted me to cooperate and allow them to search my van, and I said no. Why should I let you? When you are so rude and insinuate
rude things and threaten me with a 15,000 yen fine when I have parked next to a park near my friend`s house.

Their strong handed attitude loses them friends, and makes people not want to cooperate.

Finally I let him search my van, but he left it all messed up. I think if they are going to search, don`t you think they should put things back properly?
Seems logical to me.

Why do so many Japanese feel the police are rude?

Police, the problem is that when you are rude, people don`t feel like helping you.

When one of the AUM Shinrikyo members was spotted the police wanted help from the public. One policeman approached me at Kaisei Station, but I avoided him because of the incident
at Iiwahara Park. I find the police scary and want nothing to do with them.

I am not alone. The local people of Minamiashigara also do not like talking with the police.

It is a shame as the people and the police should work together to help make our community safer.

But when one group is arrogant and rude, the other group doesn`t want to speak with them.

All is not bad. Some of the policemen and women are actually quite polite and professional. I was stopped for an illegal turn and they were very kind about it.
Explained what I had done wrong and gave me the ticket. Which I obviously deserved as I had made the wrong turn. But I didn`t feel bitter about it, and I hold no
negative feelings for these particular police. In fact, I would help them if they had a question about something I had seen etc.

But after a very bad experience with our local law enforcement officers, neither I nor the local Japanese feel like helping.

“Some police are bright, professional and educated. Some are louts. Some are racists. You never know which variety you’re facing.
But what they all have in common (outside Great Britain) is the weapon at their hip, and the implicit threat of its ultimate use to settle matters.”

–Neil Macdonald, CBC News

Speeding in Minamiashigara City

Many cars drive very fast throughout our city. Why?

One reason is the police rarely stop people for speeding. We have asked the police to do it on our street. But they are very inflexible.
They say it isn`t possible. It is possible in Canada, in America, and in Europe. Why is it not possible in Minamiashigara?

They are afraid to disrupt traffic they say. But they disrupt traffic when they stop people to check whether they have been drinking alcohol.

Why don`t they do they same for speeders?

Just today at 7:01 AM a white sedan went down our street at over 100 km per hour I estimated. People were out taking out the unburnable (recycled) garbage.
It could have been my child or yours going to soccer practice or whatever.

What is stopping the police from having one of them with a radar gun, or even a mounted radar gun on a stand, and one or two stopping cars, either at the side of the road, or into a parking lot of
someone who would allow this. I would at my school in Tsukahara.

But no, the police say they can`t. Meanwhile, children are killed in Minamiashigara by speeding cars.

“Most police despise any challenge to their authority. Some will abuse it, if necessary, to protect that authority, and the system can allow them to do that.”
–Neil Macdonald, CBC News

Of course if any of the local police stop me, I`m not talking about you sir. I think you are very talented and handsome! I really do!

日本のほっとする家

日本のほっとする家

by Kevin R Burns
(Odawara, Kanagawa)

日本のほっとする家

The House that Ikumi & Kevin Built

壁紙が薄いアパートに約8年間暮らし、朝の息が見えたりトイレの氷が少しずつ崩れて小さなボールマンが見えたとき
もうたくさんだ!と私は日本に家を建てる決心をしました。
私達はカナディアンハウスが欲しかったのです。少なくともカナディアンスタイルの家が欲しかったのです。
日本の神奈川県に、私達はカナディアンハウスを立てたのです。トイレもバンクーバーから取り寄せました!
私が毎朝見ていた小さくて可愛らしいボールマンはカナダ人だったのです!バンクーバーのリッチモンドにある
素敵な店から来たライト、イケアの家具、そして家の材料はリッチモンドから取り寄せました。床にはオークの木を2×6、
階段用の松の木と桜の木の板、これらはクローバーデイルにあるウェストウッドという会社からです。
ウェストウッドはもう存在していません。ほとんどのビジネスが日本で終わったころバブルがはじけたのです。
ウェストウッドはバブルで崩壊しました。私達は家族のために家を建てるだけでなく、仕事をするための家を

立てたかったのです。すでに小さなお店と小さな英会話スクールを経営していましたが、私達はお店、レストラン、
バー。そして家以外の場所に英会話スクールを持とうと考えていました。日本では土地がとても高いのです。
つまり住んでいる場所以外でビジネスをするのはもったいないのです。また、電気代や税金などが差し引かれることも
考慮しなくてはいけません。日本は中小企業にはいいのです。ですから私達はそれを強調した家を作りたかったのです。
左側に家の写真があります。
日本の家  私達がどうやってこのクレイジーな考えを持ったか。
私達は雑誌で同じような家を見ていました。妻と私の両方がこのスタイルを気に入ったのです。
しかしそれは2階建てでした。私は私が行く至る所をじっと見つめました。私は185センチ以上身長があるので
注意しなければいけません。私は城と呼べるような家が本当は欲しかったです。私でも入れてしばらく世界に
鍵をかけられるような場所です。家族の成長のためにも(現在3人子供がいます)2階建ては欲しいと思いませんでした。
少なくとも3階建てが欲しかったのです。
そのうえ、私は個性のある家を作りたかったのですが、地震の脅威を考慮に入れました。煙突が出ていて、中に
地下室がある家、より強い基礎の地下室を作りました。地震に対して安全な家を作る、シンプルなスタイルが必要なのです。
これでは退屈すぎます。私たちは大きな地震の危険にさらされるでしょう。日本の関東地区で起きた最後の地震が
どこの断層だったか、私たちは見ることが出来ます。1923年におきたこの地震で10万人以上が亡くなり、再び
襲ってくるといわれる期限を過ぎています。

日本のほっとする家 2

日本のほっとする家 2

by Kevin R Burns
(Odawara, Kanagawa)

日本のほっとする家 2

The Story Continued:

日本の家–私は思い家具を大急ぎでボルトで止めました。私の妻はとても芸術的で、彼女は2階部分を私たちの望みにより適した
デザインに変更できたのです。2階部分に加えて半地下室と半屋根裏もです。しかし、半地下室と半屋根裏はほぼ物で
いっぱいのようです。とても大きく見えるのですが。約2800平方フィートの家だと思います。カナダではよいサイズの
家です私たちには5つ以上の部屋があれば十分です。家の裏近くに英会話スクール用の教室もあるので、トイレは共用できるように
しました。教室から家のドアに鍵をかけることも出来ます。私は私の家が大好きです!私たちは集中暖房装置がありませんが、
私たちでほとんど出来てしまったようです。すべての窓を2重ガラスに下のです。カナダ人は断熱材を家に施すので、
日本の家よりも冬はより暖かくなります。(彼らは自然要素にお金を使うのを好むのです)
家の中に木がたくさんあるのが私はとても好きです。暖かく、居心地よく感じます。私たちの生徒もここで勉強するのが
大好きです。まるでカナダにいるような気持ちになれるからです。
私たちはこのようにまたすべきでしょうか。恐らくしなくていいでしょう。私たちは若く、私たちが望むことに関して
理想主義的でした。しかし、それは私の妻にとって特にかなりのストレスになりました。日本人はカナディアンハウスを
どうやって建てるべきかについて、自分たちの考えがありました。彼らはカナダで私たちがするような断熱材で施すことを
したくなかったのです。彼らは日本の家のように壁から風通しをよくしたかったのです。これでは冬にも風通しが
よくなってしまいます!(だから絶対にしたくなかったのです)私の妻も私と同意見でした。そして、妻は対策ために
歩き回ったのです。建設業者は、彼が尋ねられた事をして、彼がすべきだと考えていたことをしなかったのです。
そのときは少し滑稽でした。妻は彼女自身の未来の家でスパイを演じていたのですから。
私たちは1998年に引越をしました。この美しいビクトリア朝の家に引っ越したとき、妻と私は30代前半でした。

私たちはとても幸せでした!子供たちを育てるのにとてもよい地域です。英会話スクールとしてはそれほど
よい地域ではありませんが、そのことについて私たちは妥協しなくてはいけませんでした。そして、期限を過ぎた
大地震対策に、地面をかなり固くしました。

日本の家から日本製の家へ
日本の家で生活すること
素の後、妻の郁美はこう言いました。ここで暮らして12年がたった。いくつか修理しなければいけない
ところがある。外国の家に外国のものを持っているのはいいのですが、それらが壊れたときは空しくなります。
部品を手に入れることが出来ないこともあります。しかもその値段は高いのです。

日本の人たち

日本の人たち

by Fred Stuhr
(USA)

日本の人たち:Fred Stuhrは日本の人たちとの経験と日本で暮らした時間について話しています。
日本人と東京についてこう言っています。
私たちは東京を含む日本のいろいろな場所で暮らしました。東京では三鷹で暮らしました。東京は
東京自身を経験できるところです。電車と地下鉄があって行きたい所どこへでも行けるので、
車が必要ないのが好きでした。日本を離れてから1度だけ日本へ行ったことがあります。
その訪問は1986年で、東京は変わっていました。道の中央には木が多くなっていました。
現在の2010年まで私が気づかない、もっと多くの変化があるといって間違いないでしょう。
ですから、私が住んでいた70年代のようなことをコメントするのは難しいです。私が日本で暮らしている間に
打ち勝つ為にどのような挑戦をしたのでしょうか。

日本の人たち

言葉
あなたの興味、もしくは積極的な経験は何でしたか。全体的に、日本人はユニークな集団です。1対1の友情は一生のすばらしい約束
の証明となるでしょう。日本での日常生活は、自分の国より楽でしたか。
日本へ行く前に家から持っていくべき物は?大きなサイズの服を着ている人は、日本で大きなサイズのものを見つけるのに苦労する
ことがあります。たくさんの人と取引するのに根気がいります。お金をたくさん持っていきましょう!

日本人は非常に面白いので、とても忠実な友達を作ることが出来るでしょう。

日本の人たち

日本の悪魔 あなたが知る必要があることとは

日本の悪魔 あなたが知る必要があることとは

by Lyanne Thomas
(Manila, Philippines)

日本の悪魔 あなたが知る必要があることとは

日本の悪魔とは何でしょうか。私たちがよく知る西洋の悪魔とよく似ているのでしょうか。日本の悪魔は恐ろしく、
角と鋭い爪を持つ巨大な生物です。彼らは様々な外観で描かれていますが、通常乱れた髪の毛と荒々しい容貌をしています。
これらの悪魔は恐ろしく気味の悪い容貌と奇妙な特徴がありますが、ほとんど人間のような形をしています。

日本では、これらの悪霊は鬼として知られています。鬼、そして日本の悪魔は驚くべき強さと、飛ぶことのような並外れた能力を
持っていると信じられています。鬼は卓越した力を持っているとも言われているので、無敵なのです。また、生きている間に
悪いことをした人の魂を捜すという考えも日本にはあります。

日本の文献、映画、そして劇場において分かっているのは、鬼が日本文化に深く根付いている
ということです。この現代においても、日本のある村に鬼が存在しているとして、鬼を追い払うために
毎年春先にお祭りを行う習慣があるのです。とても分かりやすい例が、節分です。節分になると、
日本人は家の外に豆を投げながら、「鬼は外、福は内」と叫ぶのです。
日本の悪魔、鬼は人生に不幸な出来事をもたらすと信じられていることから、行われているようです。
悲劇や事故、病気についても責任があると見なされることもあります。
最近は鬼がさらに保護的な機能を呈しています。ある鬼は人に対してとても親切だと信じられていて、
天恵と報酬を与えるとも言われているので、時に日本人は鬼の衣装を着て悪運を近づかせないためのパレードを行っています。

鬼という言葉のルーツは、キャラクターの「おんよみ」、隠れるという意味から来ています。鬼は人のような容貌になる
前に、実際は目に見えない生き物、もしくは霊魂だったのです。日本の悪魔は西洋の悪魔よりも多くの形をとるけれども、

西洋の悪魔とよく似ているといえるでしょう。

日本の悪魔 あなたが知る必要があることとは 2011

Ashley Thompson on Dealing with Mold in Japan

Ashley Thompson on Dealing with Mold in Japan

If you’ve lived in Japan for any length of time, you know how frustrating it can be to keep the mold away. (And if you haven’t lived here yet, well, you’ll soon find out…) It grows like a wild beast here. I thought we had pretty bad mold in the pacific northwest in the States, but it’s terrible here. I mean, if it isn’t rusting, it’s probably molding at some point.

OK, maybe not everything, but it does feel like it sometimes!

Read More at Ashley`s Blog “Surviving in Japan.”

Racism in Japan

Racism in Japan:

Where Medamasensei gets it wrong

by Mike Guest

The Tokyo subway. About 11 PM on a weekday. It’s 1994. I’m heading home from a gathering, reading the Daily Yomiuri. A Japanese man, wearing an expression of disapproval makes eye contact. He has an air of over-confidence when approaching me, rather rare in Japan. He speaks in broken, yet reasonably competent, English but his lines seem too well-rehearsed.

“Your newspaper doesn’t say the truth. White people killed off American native people, sent Japanese Americans to prison during war. It is genocide. American newspapers are run by white people. Hide facts about racist white acts. You are not told truths about racist white history. American media. American education. Same.”

Read More

« Older entries