Shortsnap Learning

Just a heads up! Shortsnap Learning is an interesting company that makes apps for students studying English. They are based in Japan and run by a Canadian based here named Bob Coffee.
http://www.shortsnaplearning.com

Short Snap for short or just Short is a small company with educational ideas. Started at the tail end of 2014, the small core crew is working hard to deliver on its motto that Learning English Should Be Fun. Located around the globe Short Snap’s core members consist of Americans, Canadians and Japanese working from as many locales.

日本の教育と欧米の教育の違いは何か

日本の教育と欧米の教育の違いは何か

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)

日本の教育と欧米の教育の違いは何か

日本は地球上で最も成功している国の1つです。ほとんどの欧米諸国も同じです。
多くの評価を得ることによって、日本と欧米は世界のリーダーになったのです。
それぞれの教育制度のプラス面とマイナス面は何でしょうか。
まず初めに、日本の幼稚園から小学6年生までの教育ですが、とてもすばらしいです。
生徒たちは学校に行くのが楽しみで、活動も創造的です。教師はモチベーションが高く熱心なので、
生徒は実用的な学習だけでなく、どうしたら良い国民になれるかなど、たくさんのことを学べます。
ですが、これは12歳で終わってしまいます。大変残念です!約束が多すぎます。

日本での英語学習  試験地獄
中学校は機械的な暗記と終わりのない試験(試験地獄と呼びます)の始まりで、生徒たちは
学校に興味をなくしてしまいます。以前学校を楽しんでいた生徒たちは、今では勉強が嫌いだと
言っているのです。日本では、批判的に考える能力は発展途中です。他の記事でも指摘されるように、
日本の政治家たちの行動にそれを見ることが出来ます。
機械的に暗記するような教育は、自然災害のように予期できない出来事を対処するための
力にはなりません。

日本で英語を教える  創造的思考?
”結果として、日本は型にはまらない考え方をすることが出来ない”と日本の建設業の
インサイダーであるスティーブ山口氏は言っています。彼は東京の北部にある山形県(今回の災害を受けた

地区の近く)で工務店を経営しています。

彼は、日本には創造的思考がないと言います。このことが、政策の失敗が福島炉心溶解を引き起こしたなかにあって
”第2の政策災害”を導くことになるでしょう。再建プロセスにおける抑制のない退廃がホームレス、そして
瓦礫がそのままという事態を起こしているとも、彼は主張しています。
山口氏は、「今起こっていることは、国にとって屈辱です」と言います。
「私たちが今までのところ目撃したカオス(大混乱)は、次のアトラクションの一見だけです。
再建する領域が膨大でかなりめちゃくちゃなので、すべての犠牲者が制圧されるでしょう」
–無党派によるインタビューにて スティーブ山口氏–
大地震や津波は、選択式のクイズとは違います。自ら立ち上がって考える必要がありますし、
とっさに重大な決心をする必要もあります。そして費用と利益を確かめてすばやく意見をまとめる
必要があります。多くの日本の政治家はこれが出来ません。東北の被災地をどう対処するか、
地方自治体によるビジョンが欠落していることが1つの問題です。
国のトップは、彼らを失望させています。彼らには仕事と未来へのプランが必要だ、

Part 2: 経験豊かな英語講師をお探しですか?

On Education in Japan and the West‏, Part 2

On Education in Japan and the West‏, Part 2

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)

On Education in Japan and the West‏, Part 2

日本と欧米の教育
中学校と高校は儀式化された経験をすることになります。生徒は同じ制服を着ます。
そして、テストで正しい答えを出すための機械的暗記スタイルを勉強します。
(何年かたったら割るれてしまうでしょう)
教師は教室の前で生徒に講義をする傾向があります。黒板が前にあり、机が前に向いています。
焦点は文法です。目標は、テストでいい点を取ることなのです。
通常の授業後に塾が引き継いだり補ってくれるのですが、塾は時々とても騒がしく、
授業を崩壊することもあります。
この儀式的に続くことが、大学では生徒を退屈にさせるのです。時々日本人教師の前で
寝ている彼らを見たことがあるでしょう。彼らは何もしたくないのです。
もし生徒が物理的に授業に出席しているのなら(体が教室にいる、ということです。

参加はしているけれど携帯電話をチェックしたり、寝ているのです)、失敗するのは
まれでしょう。実際、日本の多くの大学では実際に学校で勉強することより出席することの
ほうが重要なのです。ですから大学はこの志願しない(受身で参加しないこと)生徒の現象を
黙ってサポートしているのです。大学は生徒が必要です、彼らは支払いをしなくてはいけません。
ですから、事実上働き、事実上勉強することは”授業に来る”こととして重要ではないのです。

”大学卒業後の準備が出来ていない”

人々は上記の神話を信じているので、企業でもあなたを訓練するでしょう。
これは、私もポジティブだと感じます。日本企業はあなたの専攻についてそれほど
気にしません。よい候補者を探すのです。私はこのフレキシブルな現象が好きです。
なぜならあなたの専攻を理由にする欧米企業と対照的だからです。私の友達の1人が貿易を専攻していたのですが、
エンジニアとして働かないかと日本企業に頼まれ、その企業は彼を訓練したそうです。
その後、彼は日本で英語講師として働きました。
これは欧米、カナダでは聞かれないことです。西部では、大学教育ははあなたがキャリアとして選んだ
ことに分類する傾向があります。日本には決して近くありません。繰り返しますが、これはとてもよいことだと思います。
言うことや専攻を説明することも出来ないで、北アメリカの企業の恩恵でエンジニアとして
Continued at Part 3

On Education in Japan and the West‏, Part 3

On Education in Japan and the West‏, Part 3

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)

On Education in Japan and the West‏, Part 3

訓練するでしょうか。欧米では、私たちはスペシャリストになります。私はこれがよいことには思いません。
才能のある人になるために言われていることです。才能のある人は全体像を見るのが上手です。
「慎重に測定された平凡」が暗記スタイル教育の結果であると数名が示唆しているのです。
私も賛成です!努力と結果の間の分離がモチベーションにダメージを与えるのです。日本中に、これが起こっています。

欧米の幼稚園と小学校では、日本のように創造性、学習、実験のための時間となっています。教師は探求と創造性を
奨励しています。日本と欧米の分岐は中学校からです。欧米では生徒に意見を求めることをより重要視しています。

学校はより創造的な表現のスダン、そして自由を提供する場である傾向があります。
人として成長する一部分が、批判的に考える能力を発達させるのです。
新宿にある有名なゲームショップでのことです。私は店員になぜ確かな製品を保持しないのかたずねました。
その店員の脳がどうにかなってしまったのかと思いました。彼はずっとなぜ?・・・なぜ?何度も繰り返して
いたのです。ついに私はもういいよ、知らなくても大丈夫だからと言ったのです。しかし、なぜそのような質問に
答えるのが困難だったのか不思議です。それは意見として必要な質問でした。私の子供たちが欧米で勉強
していたら、親としてドラッグやそのほかのネガティブな影響を心配するでしょう。日本ではそのような
心配はしなくていいのです。カナダの子供のとき、ドラッグを使うか否か選択する必要がありました。
私は使わないほうを選びました。そして、私はやむを得ず友達を数人作りました。
ランチタイムにマリファナを吸うことに熱中することは、しないことよりも簡単だったのです。

「大学卒業後の準備が出来た」

わずかな人たちしか、幸いこの神話を信じていません。確かに、企業もそうしません。
彼らは神話を知っています。あなたはよい社員になるためにたくさんの訓練、世話、更なる訓練と継続が必要になるでしょう。
おそらく、日本と欧米がお互いから学べばいいのでしょう。両方によい局面があるでしょう。

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 1

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 1

by Kevin R Burns
(Minamiashigarashi, Kanagawa)

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー

日本で暮らしている間、どのような地域に住んでいましたか。彼らはどうでしたか。
私は日本に着てから約1年間、神奈川県平塚市のあるショップの上、2つの寝室があるアパートで暮らしていました。
とても交通量の多い道路上にあったので、大型トラックが通ると家が揺れました。私はそれが地震だとは
思いませんでした。アパートは家具つきで、すべてが備わっていました。長所は、無料であることです!
私はかなり節約が出来ました。夫と平塚の大邸宅(分譲住宅)へ引っ越して2年間暮らしていたので、
私の日本での1人暮らしは短かいものでした。私は平塚での暮らしがとても気に入っています。
私にはすばらしい生徒がいます。夜にコミュニティークラスで教えています。以前通ってくれた生徒は、
今ではとても仲のよい友達です。後に、私たちは神奈川県大磯(平塚の近く)に家を建てました。
私たちの家は多いその田舎地区にあり、日本と西洋を組み合わせたような家です。近くにはハイキングコース、
ゴルフコース、果樹園があります。時々、ここは静か過ぎると冗談を言っています。騒がしい鳥たちを

除いての話ですが。とても小さい地域で、ご近所の人たちのほとんどはここで生まれ住んでいる農業者です。
皆さんにとても歓迎され、地域のお祭りにも参加しています。私は数年間地域の教育委員会で働いていたので、
地域との結びつきの手助けが出来たと思っています。

日本に住んでいる間、どのような挑戦に打ち勝たなければいけませんでしたか。
恐らく、最も大きな挑戦は日本で2人の娘を出産したことでしょう。親になることは挑戦です。
異国の地で多くの異なる事情があるなかで行うのですから。夫(彼は日本人です)はいつも
支えてくれました。ですが、彼が私の不平不満すべてを理解してくれないこともあります。
私は同じ地域で同じ経験を共有できるほかの女性たちと出会えたのでとても幸運でした。
他の問題としては、読み書きが出来ないことです。誰かに読んでもらったり、説明してもらうよう

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 2

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 2

by Kevin R Burns
(Minamiashigarashi, Kanagawa)

誰かに頼むのが本当に嫌なのです。将来再び必要になるかもしれない書類などを時々
コピーしておきます。その結果、書類を仕上げるために他の人に頼る必要がなくなりました。

あなたの出身国と比べて、日本は暮らしやすいですか。
それはすべて、姿勢によります。もちろん、言葉と物事のやりかたを理解できればいろいろなことが
より簡単になります。ですが、ここはホーム(故郷)ではないので物事を日本のスタイルで行うということを
覚えておくべきでしょう。もしあなたが日本のスタイルに賛成できないとしてもです。私は何らかの件を
対処するために公認のオフィスにいつも行く必要があるのですが、どうにかして私はいつも切り抜けています。
おそらく私は少しだけ特別な扱いを受けているのでしょう。

日本へ行く前に、何を持っていくべきでしょうか。
1年分の治療薬、アスピリン、風邪薬などです。(日本の市販薬は効果が弱いので)

キャサリンは関東の大学講師であり、思いやりのある母親でもあります

日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

Japanese Education Problems

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

by Brad Thomas

日本教育において明確なこと、それは地域の幼稚園や小学校より先を見る必要があることです。英語教育以外のすべてにおいて、日本では子供を教育するためにすばらしい仕事をします。授業は創造性があり、先生は生徒を気遣い、全体から見て生徒も楽しそうに学んでいるのです。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

地域の幼稚園から大学までが全体の教育システムのようなもので、GDPと想像力を高める期間の両方をさらに実り多くすることに幸せを感じ、健康でいられるでしょう。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

不運にも、この幸せはすべて12歳のときに終了します。このあと、試験地獄がはじまり、生徒たちは健康を回復させることができなくなります。テストに基礎を置くことを標準化した日本の教育システムは中学校からはじまり、独創力、創造性、そして特に型にはまらない考え方をすることができなくなるのです。不運にも、この3つは21世紀の日本に特に必要とされることです。おそらく日本は今まで100年間が最もやりがいがあったでしょう。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

何年もたった今、日本ではこのテストに基礎を置いた教育システムのために雇用をし、すべての重要なテストにパスするために両親は言うまでもなく、教育者と生徒は精神を集中させるのです。このすべてのテストとストレスによる結果、決心したり、意見を述べることにトラブルを持つひとが多い国になってしまいました。日本人はときどき、”なぜ?”という質問になかなか答えられません。

”私、オバマ大統領が好きなんだ””どうして?””私、嵐が好きなんだ””なんで?”

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

この社交的システムと教育システムは、なぜと聞くこととそれに答えることの妨げになります。この質問と独創的に考える能力は、日本の将来にとってとても重要なことです。物事を解決するために必要なことが欠けているのです。答えはテキストに載っていません。想像しなくてはいけません。想像することで、意見を言う形ができるのです。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

テスト地獄であるにもかかわらず、多くの日本人は学校に通っている間にミケランジェロになったつもりになれば、何とか終わりまですべることができると気づくのです。しかしながら、彼らの想像性は取り除かれ、絶望で呆然とするでしょう。

最近、ある一人のとても性格が明るい日本人の生徒さんが、再び日本の大学で勉強するために北アメリカから帰ってきました。彼は生徒たちの消極さにショックを受けました。なぜこんなに消極的なのか、責任感がないのか、まったく意見を言わないのか、日本の大学生を理解できなかったのです。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

アメリカでは世界中の生徒たちと勉強し、自分の意見や他の人たちの意見を聞いたり言ったりすることが楽しかったと言っています。日本の生徒の消極性と静かさが理解できなかったのです。彼は出来るだけ早くアメリカに戻って勉強したいと望みました。アメリカで暮らしている多くの日本人が同じ事を言っています。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

鳩山由紀夫首相がアメリカの報道陣に”ロッピー”と呼ばれているというニュースがありました。沖縄基地の問題など、彼の決断力のなさからついたのでしょう。彼は1度決心したにもかかわらず、決心を変えて放棄したのです。沖縄の人に対して、約束が逆戻りしたことを謝罪しました。意思決定能力の欠如は、一般市民に限られたことではないのです。日本社会の、どんな地位の人にも生じているのです。もちろん鳩山首相もこの教育システムを受けた一人です。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

生徒だけが苦労しているわけではありません。教師も同じです。多くの人はストレスのため仕事に時間を割かなくてはいけません。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

一方他の人は生徒のために骨の折れるような人生を送っているのです。日本人の多くは中学校に入学すると、教育、学習への敬愛を失っているように見えます。よって、たくさんのテストを受けることは浅はかな結果を生み、学校に対して否定的な感情を抱くことになります。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

将来のためにも、日本は自分自身に尋ねるべきです。将来の問題を解決するために必要な人々を作り上げるべきではないかと。もしこの答えがノーなら、災難の原因となるでしょう。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

日本には創造力のある人が必要です。入国、高齢者の人口、失業、オフショアの雇用、貿易、そしてもちろん環境などの問題を解決するために、型にはまらない考え方をする人です。しかし、差し迫った問題は国民の心理状態なのかもしれません。

Japanese Education Problems – 日本で標準化された、テストに基礎を置いた教育システム

A College Education Can Now Be Found On The Internet for Free

A College Education Can Now Be Found On The Internet for Free

The wealth of knowledge once reserved for the Ivy League Elite is now being released for free on the internet, power to the people!

In the beginning information traveled slow, knowledge was confined to a few buildings around the globe that are guarded by high entry fees and standardized test scores. The number of individuals who could gain access to information was kept to a short acceptance list while many were given an Access Denied.

Read More

Homestay in Vancouver, Canada!

lulu4Homestay in Vancouver, Canada!

Do you or your students want to do a homestay in Beautiful British Columbia, Canada?

Learn More

Waseda University Implements 5 Year Term Limit for Part-time Teachers!

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)

 

Waseda University Implements 5 Year Term Limit for Part-time Teachers!

Employment contracts for Part-time Lecturers and Visiting Faculty will be limited to a maximum of 5 consecutive years after April 1, 2013, according to Waseda`s official letter to employees.

Read More

« Older entries