On Education in Japan and the West‏, Part 2

On Education in Japan and the West‏, Part 2

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)

On Education in Japan and the West‏, Part 2

日本と欧米の教育
中学校と高校は儀式化された経験をすることになります。生徒は同じ制服を着ます。
そして、テストで正しい答えを出すための機械的暗記スタイルを勉強します。
(何年かたったら割るれてしまうでしょう)
教師は教室の前で生徒に講義をする傾向があります。黒板が前にあり、机が前に向いています。
焦点は文法です。目標は、テストでいい点を取ることなのです。
通常の授業後に塾が引き継いだり補ってくれるのですが、塾は時々とても騒がしく、
授業を崩壊することもあります。
この儀式的に続くことが、大学では生徒を退屈にさせるのです。時々日本人教師の前で
寝ている彼らを見たことがあるでしょう。彼らは何もしたくないのです。
もし生徒が物理的に授業に出席しているのなら(体が教室にいる、ということです。

参加はしているけれど携帯電話をチェックしたり、寝ているのです)、失敗するのは
まれでしょう。実際、日本の多くの大学では実際に学校で勉強することより出席することの
ほうが重要なのです。ですから大学はこの志願しない(受身で参加しないこと)生徒の現象を
黙ってサポートしているのです。大学は生徒が必要です、彼らは支払いをしなくてはいけません。
ですから、事実上働き、事実上勉強することは”授業に来る”こととして重要ではないのです。

”大学卒業後の準備が出来ていない”

人々は上記の神話を信じているので、企業でもあなたを訓練するでしょう。
これは、私もポジティブだと感じます。日本企業はあなたの専攻についてそれほど
気にしません。よい候補者を探すのです。私はこのフレキシブルな現象が好きです。
なぜならあなたの専攻を理由にする欧米企業と対照的だからです。私の友達の1人が貿易を専攻していたのですが、
エンジニアとして働かないかと日本企業に頼まれ、その企業は彼を訓練したそうです。
その後、彼は日本で英語講師として働きました。
これは欧米、カナダでは聞かれないことです。西部では、大学教育ははあなたがキャリアとして選んだ
ことに分類する傾向があります。日本には決して近くありません。繰り返しますが、これはとてもよいことだと思います。
言うことや専攻を説明することも出来ないで、北アメリカの企業の恩恵でエンジニアとして
Continued at Part 3

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: