日本人の大好きな詩、日本の美しい詩と詩人

日本人の大好きな詩、日本の美しい詩と詩人

by Lyanne Thomas
(Manila, Philippines)

日本人の大好きな詩、日本の美しい詩と詩人

詩は多くの日本人に影響を与え、多くの国の文学に貢献してきました。しかし、日本の多くの文化のように
日本の詩は中国の影響をかなり受けています。日本の詩人は唐王朝の間、漢詩によって、もたらされました。
それでも、日本の詩人に彼らの文化である詩を完全に理解してもらうには時間がかかりました。
現在では日本の詩の主な形は2つのタイプに分かれています。経験に基づく詩や詩人が意図するもの、もしくは
伝統的な方法を受けて書かれたものです。

日本の多くの詩は愛やロマンスなど、官能的なエクスタシーに対して孤立している僧が切望する精神的なトーンの類か、
ある皇太子の熱情です。古典的な俳句と短歌のスタイルは、愛と切望を完全に定義しています。

日本の有名な詩人と詩です。

柿本人麻呂
彼は万葉集で最も著名な歌人です。人麻呂は長い詩を書くことで有名です。代表作は「In the sea of ivy clothed」「The Bay of Tsunu」
「I loved her like the leaves」です。

人麻呂の詩の多くは、公に起こったことから書かれました。彼のスタイルはスピーチの形態を利用したものです。

在原業平
彼はかなの序文に関連した6人の和歌詩人の1人でした。和歌詩人としての彼の30の和歌を古今和歌集の中に見ることが
できます。彼の作品としては、「On the moon and springtime and I have always known」があります。

小野小町
彼女は絶世の美女と記されていました。詩人としての小町の詩は、官能的な愛と情熱的な愛を専門としていました。

与謝蕪村
与謝蕪村は俳句詩人でもあり、画家としても知られていました。蕪村は大阪の郊外に生まれました。
まだ小さいときに両親をなくしたため、孤児として成長しています。
1727年、彼は絵の勉強をするため、そして芭蕉の伝統的な俳句を学ぶために江戸(現在の東京)に移りました。
1742年に彼の先生の1人がなくなると、、彼は芭蕉に関連している日本の北の地域を巡業し、同様に
日本の西の地域でもいくらかの時間を過ごしたそうです。そして、最終的に1751年、京都に定住しました。

蕪村は1756年から1765年の間画家として活動していましたが、だんだん俳句に戻り、芭蕉の伝統的なスタイルへと
戻るための運動を指揮していました。
彼は1760年ごろに結婚したと言われています。俳句詩に対する蕪村の大きな貢献が、彼の複雑性と彼の画家としての
深い知力となっているのです。
芸術家としての彼の手法は、彼の詩の視覚の鮮明さと詳細に反映されています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: