日本の盆栽について

日本の盆栽について

by Lyanne Thomas
(Manila, Philippines)

日本の盆栽について

日本での盆栽の栽培は、西暦1200年ごろの鎌倉時代に始まりました。”盆栽”という
言葉は中国の専門用語”ぺんざい”を日本の発音にしたものです。日本語の盆栽は、
陶器の中の木を意味しています。

盆栽は、陶器やコンテナの中で育てられたミニチュアの木です。松や杉、かえでなどが
一般的に盆栽として使用されます、そしてもちろん、最も小さい盆栽は”まめ”と呼ばれています。
日本の盆栽のスタイルはたくさんあります。これには正式なものと非正式なものが含まれているでしょう。
滝や人工の滝、いかだ、知識階段、森林、ほうきスタイル、吹きさらしスタイルなどです。

盆栽栽培技術のほとんどは、江戸時代の間に発展しました。葉の刈り込みや葉、針状葉の選択除去、
剪定、木や幹を針金で縛ること、幹や枝の形を固定すること、落葉などです。
短く言うと、一定の落葉性の葉の発育を妨げる期間が必要です。
年齢をシミュレートする立ち枯れの盆栽の技術が盆栽を成熟させるのです。

盆栽は木のような植物、もしくは標本から来たのかもしれません。標本は刈り入れや苗木になるかも
しれません。標本は盆栽の美的基準を満たさなければいけません。たとえば根が伸びているか、幹が
たっているかなどですが、最も重要な要素は盆栽の枝のアレンジメントでしょう。
木が成長し、計画された最終的なサイズに近づいてきたとき盆栽栽培者や芸術家が形を整え始め、

盆栽用にデザインされた陶器に入れるのです。年間の定期的な刈り込みを除いて、陶器は植物の成長を制限します。

盆栽のようなミニチュアの木は特別に注意しなくてはいけません。また、
水やり、植え替え、配置、肥沃化、道具、そして越冬などにも気を使わなければいけません。
盆栽の水やりは定期的に行います。水をやりすぎても乾燥してしまっても土によくありません。
植え替えは成長ときの年齢によって決めます。間隔を置いて行うようにしましょう。
植え替えは、盆栽の根が結合するのを防ぐためにも行いましょう。
植え替えの間は、植物の葉の塊を薄くするのに良いときでもあります。
日本の盆栽の土壌は、盆栽のニーズによって異なります。一方、肥沃化は大きなものに
関してこれらの小さい木に重要なだけです。土壌組成のように、越冬も種次第です。
道具は、いくつかの考案物が盆栽のために開発されました。

同じような植物のメソッドが、中国のペンジンやベトナムのホンノンボのような
他の文化でも見られます。実際、盆栽栽培の芸術性は中国が始め、発達した後に日本で広がったと
言われています。中国の伝説では、ハン王朝に盆栽栽培の芸術が始まったと言われ、盆栽の最も
初期に記録された証明は1972年に唐の王子の墓で見つけられたそうです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: