日本のボディーアート

日本のボディーアート

by Lyanne Thomas
(Manila, Philippines)

日本のボディーアート

日本のタトゥーアート、もしくはボディーアートである入れ墨や彫物には長い歴史があります。
古代の日本人、もしくはアイヌ人が自分たちの体をペイントし、顔用の入れ墨を使用したと言われています。
社会的、装飾的な目的のため、これはアイヌ人によって終わっていますが、学者はこれらの入れ墨が社会的地位だけでなく
精神的な目的に必要だということを表すためのものだと信じています。

仏教が日本で認可されたとき、入れ墨やボディーアートは否定的な意味合いを持って始まりました。
ボディーアートは野蛮な行為であると考えられていて、未開拓民と結びついていました。また、日本の入れ墨は魅力に
加えるためのものとして売春婦に利用されていました。同様に、犯罪に対する刑罰にもなっていたのです。
犯罪者、違反者は社会で特定するためのマークをつけられたのです。1720年に公式の罰として入れ墨が始まりました。
犯罪者は罪を犯すと腕の周りや額に入れ墨を受けることがあるかもしれないのです。マークされた人は社会に必要がない、
追放された人になるのです。

日本の入れ墨は芸術として認められ、そして江戸時代は美と創造性があるものと評価されていました。
「水滸伝」というタイトルの中国の小説が、入れ墨の発展のきっかけになりました。この大衆向けの小説は、反逆者の勇気と

入れ墨を入れたヒーローたちの勇気に関するものでした。そして、日本人はクールで創造性があるものとして入れ墨を取り入れ
始めたのです。日本の入れ墨はとても細かいだけでなく、金額も高いです。高いにもかかわらす、美と人気のために多くの人が
取り入れていたのです。日本のボディーアートや入れ墨は一気に終了できる、伝統的な西洋のタトゥーとは異なるというのは
重要なことです。腕、足、胸、背中など、完成するまでに1週間に1回訪問しても5年かかるかもしれないのです。

日本人が入れ墨を入れることは、1945年まで禁止されませんでした。西洋人がこの種の芸術を採用し始め、彼らは入れ墨師を探す
ために日本に行ったのです。そして彼らの体は装飾され、入れ墨は時間がたつに従って、犯罪者、ギャング、マフィア、浮浪者
によってさらにトレンディーでスタイリッシュになりました。日本では、入れ墨を入れていると恥辱になります。
広範囲で人気があってもです。温泉や日本のお風呂には入れてもらえないかもしれません。他のお客様を怖がらせるかも
しれないからです。

見本となるデザインが載っている本がたくさんあります。インターネットをチェックすれば、芸術的でファッショナブルな
入れ墨のデザインを提供してくれるサイトをたくさん見つけられるでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: