日本のほっとする家 2

日本のほっとする家 2

by Kevin R Burns
(Odawara, Kanagawa)

日本のほっとする家 2

The Story Continued:

日本の家–私は思い家具を大急ぎでボルトで止めました。私の妻はとても芸術的で、彼女は2階部分を私たちの望みにより適した
デザインに変更できたのです。2階部分に加えて半地下室と半屋根裏もです。しかし、半地下室と半屋根裏はほぼ物で
いっぱいのようです。とても大きく見えるのですが。約2800平方フィートの家だと思います。カナダではよいサイズの
家です私たちには5つ以上の部屋があれば十分です。家の裏近くに英会話スクール用の教室もあるので、トイレは共用できるように
しました。教室から家のドアに鍵をかけることも出来ます。私は私の家が大好きです!私たちは集中暖房装置がありませんが、
私たちでほとんど出来てしまったようです。すべての窓を2重ガラスに下のです。カナダ人は断熱材を家に施すので、
日本の家よりも冬はより暖かくなります。(彼らは自然要素にお金を使うのを好むのです)
家の中に木がたくさんあるのが私はとても好きです。暖かく、居心地よく感じます。私たちの生徒もここで勉強するのが
大好きです。まるでカナダにいるような気持ちになれるからです。
私たちはこのようにまたすべきでしょうか。恐らくしなくていいでしょう。私たちは若く、私たちが望むことに関して
理想主義的でした。しかし、それは私の妻にとって特にかなりのストレスになりました。日本人はカナディアンハウスを
どうやって建てるべきかについて、自分たちの考えがありました。彼らはカナダで私たちがするような断熱材で施すことを
したくなかったのです。彼らは日本の家のように壁から風通しをよくしたかったのです。これでは冬にも風通しが
よくなってしまいます!(だから絶対にしたくなかったのです)私の妻も私と同意見でした。そして、妻は対策ために
歩き回ったのです。建設業者は、彼が尋ねられた事をして、彼がすべきだと考えていたことをしなかったのです。
そのときは少し滑稽でした。妻は彼女自身の未来の家でスパイを演じていたのですから。
私たちは1998年に引越をしました。この美しいビクトリア朝の家に引っ越したとき、妻と私は30代前半でした。

私たちはとても幸せでした!子供たちを育てるのにとてもよい地域です。英会話スクールとしてはそれほど
よい地域ではありませんが、そのことについて私たちは妥協しなくてはいけませんでした。そして、期限を過ぎた
大地震対策に、地面をかなり固くしました。

日本の家から日本製の家へ
日本の家で生活すること
素の後、妻の郁美はこう言いました。ここで暮らして12年がたった。いくつか修理しなければいけない
ところがある。外国の家に外国のものを持っているのはいいのですが、それらが壊れたときは空しくなります。
部品を手に入れることが出来ないこともあります。しかもその値段は高いのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: