国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 2

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 2

by Kevin R Burns
(Minamiashigarashi, Kanagawa)

誰かに頼むのが本当に嫌なのです。将来再び必要になるかもしれない書類などを時々
コピーしておきます。その結果、書類を仕上げるために他の人に頼る必要がなくなりました。

あなたの出身国と比べて、日本は暮らしやすいですか。
それはすべて、姿勢によります。もちろん、言葉と物事のやりかたを理解できればいろいろなことが
より簡単になります。ですが、ここはホーム(故郷)ではないので物事を日本のスタイルで行うということを
覚えておくべきでしょう。もしあなたが日本のスタイルに賛成できないとしてもです。私は何らかの件を
対処するために公認のオフィスにいつも行く必要があるのですが、どうにかして私はいつも切り抜けています。
おそらく私は少しだけ特別な扱いを受けているのでしょう。

日本へ行く前に、何を持っていくべきでしょうか。
1年分の治療薬、アスピリン、風邪薬などです。(日本の市販薬は効果が弱いので)

キャサリンは関東の大学講師であり、思いやりのある母親でもあります

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: