国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 1

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー Part 1

by Kevin R Burns
(Minamiashigarashi, Kanagawa)

国外在留の日本の母、そして英語講師でもあるキャサリンへのインタビュー

日本で暮らしている間、どのような地域に住んでいましたか。彼らはどうでしたか。
私は日本に着てから約1年間、神奈川県平塚市のあるショップの上、2つの寝室があるアパートで暮らしていました。
とても交通量の多い道路上にあったので、大型トラックが通ると家が揺れました。私はそれが地震だとは
思いませんでした。アパートは家具つきで、すべてが備わっていました。長所は、無料であることです!
私はかなり節約が出来ました。夫と平塚の大邸宅(分譲住宅)へ引っ越して2年間暮らしていたので、
私の日本での1人暮らしは短かいものでした。私は平塚での暮らしがとても気に入っています。
私にはすばらしい生徒がいます。夜にコミュニティークラスで教えています。以前通ってくれた生徒は、
今ではとても仲のよい友達です。後に、私たちは神奈川県大磯(平塚の近く)に家を建てました。
私たちの家は多いその田舎地区にあり、日本と西洋を組み合わせたような家です。近くにはハイキングコース、
ゴルフコース、果樹園があります。時々、ここは静か過ぎると冗談を言っています。騒がしい鳥たちを

除いての話ですが。とても小さい地域で、ご近所の人たちのほとんどはここで生まれ住んでいる農業者です。
皆さんにとても歓迎され、地域のお祭りにも参加しています。私は数年間地域の教育委員会で働いていたので、
地域との結びつきの手助けが出来たと思っています。

日本に住んでいる間、どのような挑戦に打ち勝たなければいけませんでしたか。
恐らく、最も大きな挑戦は日本で2人の娘を出産したことでしょう。親になることは挑戦です。
異国の地で多くの異なる事情があるなかで行うのですから。夫(彼は日本人です)はいつも
支えてくれました。ですが、彼が私の不平不満すべてを理解してくれないこともあります。
私は同じ地域で同じ経験を共有できるほかの女性たちと出会えたのでとても幸運でした。
他の問題としては、読み書きが出来ないことです。誰かに読んでもらったり、説明してもらうよう

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: