Save Aidan

2011年は、盛り沢山の年になるはずだった。1月、小さな田舎町に古家を購入したばかりのエイダンは、家の改修工事が始まるのに備え、家族と共に新居に程近い借家へと住まいを移す。新しいスタートを切る準備が、すべて整っているように見えた。

ここで、運命が全くの意表を突く展開をする。引越後わずか一週間後、エイダンは急性骨髄性白血病との診断を受ける(後に急性骨髄単球 性白血病 AML-M4と特定)。このことが判明したのは、定期健診における血液検査が異常値を示したからだった。骨髄検査の結果、最も恐れていたことが確実なものとなった。半年間は仕事を休むことになること、そして強力な化学療法を受けることを告げられた。導入療法、続いて地固め療法を2回受けた。再び家に戻れたのは、それから164日後だった。

よくあることだが、事はシナリオ通りには進まなかった。化学療法を受けた後、エイダンの体が回復するのには毎回予想以上の時間がかかった。要するに、骨髄が機能していないようだった。この事実は、集められた他のデータと併せて、白血病発病以前に骨髄異形成症候群(MDS)という別の疾患があったのだろうという最終的な診断を導くことになる。骨髄移植は、もはや選択肢のひとつではなく、不可欠なものとなった。

Save Aidan

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: