原子力発電所 放射性降下物への対処 何を食べていいのか?何を食べてはいけないのか?

原子力発電所 放射性降下物への対処 何を食べていいのか?何を食べてはいけないのか?

おそらく警告もしくはパラノイアが起こるだろうと思っていました。私の健康のためではありませんが、
私は成長中の子供たちが食べているものについて心配をしていました。どのようにして安全を保てばいいのでしょうか。

政府や地域は物が安全だと言っていますか。メッセージを聞いてくれないことが問題だと考えます。
私は本当に国が言っていることを信じられなかったのです。しかし、私はメッセージを送らなければいけません。
そうすれば、食べ物の安全性に関して信頼することが出来るでしょう。

多くの政治家に失望させられました。ですから、彼らが信頼を失うのも当然でしょう。

食べ物に関してですが、日本政府はよい仕事をしたと思っています。もし政府が失敗し、地域自治体も失敗したとしたら、
NHKなどのメディアが詳しい情報を知らせたでしょう。
最近、私の友達が南足柄市の生産物が安全であると言って安心させてくれました。私たちは地域の生産物さえ食べるのを
ためらっていたのです。

足柄茶
出荷準備が整った後、お茶を飲むときには放射線量レベルがかなり少なくなると、数人が主張をしました。
ところが、茶葉に放射線量があると禁止されました。
おそらく、実際にはその決定は過剰だったのではないでしょうか。現実の測定量でないなら、消費すべきか否か、安全性を
テストするために飲むべきではないでしょうか。
私の親友は、ラスベガスからの放射性降下物を切り抜けました。死んだ羊の資料写真を覚えているでしょうか。
羊たちは放射線で殺されたのです。
私自身が放射能に関して計算が出来なくなったとき、私は彼の情報を信頼します。野菜や果物の放射線量は、福島の一件が起こる前の
放射線量の平均と同じくらいだと彼は感じています。彼にはなぜお茶を販売してはいけないのか分からないそうです。
彼は尋ねました。なぜお茶が販売されないのか分からない。放射能の放出量が通常よりも高いからでしょう。そして、浸したときに放射能が
実際にお湯に出てくると??もしくは福島県産のものを人々が怖がっているから?
(ところで、このことについて分かったことがあったら知らせてください。お茶が売れ残っていると聞いたことがないので)
私の友達が続けて言いました。
野菜に関しては、自分たちが放射性要素のバックグラウンドレベルより高い可能性があるプラントの近くで
育てなかったとしたら、実質的にはゼロで彼らは何でも食べられます。通常より高い量の放射性要素があるものでさえ、
時折食べるのなら大丈夫です。日本政府が被害を受けた地域の牛乳や野菜の販売を制限したことはいい判断だと思います。
ですから、すべての野菜を売ってもいいでしょう。毎日食べているものが制限されているため、彼らはとても用心深くなっています。
通常殺虫剤などはしっかりと取り除かれていますが(日本では農業でよく使っている)、ヨウ素や地中に入った他の要素、食物の根
については何もしていません。
植物や野菜自体を洗ってもそれらは取り除けないでしょう。もしヨウ素がとても心配なら、野菜を買って8日間待ちましょう。
放射線ヨウ素の半減期が8日間で、問題の可能性を半減できるからです。
(ヨウ素は甲状腺に集中するので他のものよりも人間に影響を与える)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: