暴力団排除条例のチラシ10万枚作成 滋賀

県警など「県民と一緒に取り組み」

 建設業者が暴力団事務所の新築や増改築とともに、簡単なリフォーム工事を請け負うことを禁止し、全国的にも注目を集めている県暴力団排除条例案が県議会で可決、制定された。予定通り8月1日に施行されるのを受け、県警と県暴力団追放推進センターは、県民の協力が不可欠として、大量10万枚の広報チラシを作成した。今後、県内各警察署だけでなく、市役所・町役場、自治会の回覧板を通じて周知する作戦に乗り出す。

 条例で建設業者が請け負うことを禁止している暴力団事務所の簡単なリフォーム工事は、壁や床など。暴力団排除条例は全国的に導入が進んでいるが、部分的な事務所の工事まで対象を広げるのは全国初。このほか、学校や児童福祉施設、公園などの周囲200メートル以内で事務所の開設・運営を禁じており、これも珍しい。 Read More

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: