南足柄市で車を運転するときは

塚原のケビンズ英会話スクール 

南足柄市で車を運転するときは

南足柄に住む人たちへ

あなたがしなくてはいけないことは何でしょうか。
運転しているときに、人以上に重要なことはあるでしょうか。
いつもゆっくり通り過ぎていますか。何でそんなに早く走らなくてはいけないのでしょうか。

ある一人の小さな女の子が南足柄の横断歩道で殺されました。
彼女はまだ4歳でした。ある一人の老年男性は、彼女が横断歩道で待っているのが
視界に入りましたが、止まらなかったのです。

私はバンクーバー出身です。誰にでも横断歩道の前にきたら止まるように教えられてきました。

法律でも止まるように決められています。これを知って驚いたかもしれません。
ですが日本の法律でも横断歩道で待っている人を見つけたら止まらなくてはいけないのです。

警察官がいるときだけそうしていませんか。いつもしなくてはいけないのです。

今日私は息子を中学校まで送っていきました。そのとき、後ろにいた
大きなシルバーのバンが私のバンの後部にもう少しで触れるところだったのです。
(彼は私が好きなのでしょうか?)
彼は職場に急いでいたのか、それともどこかに行くところだったのか。
彼がしていることはそんなに大切なことなのでしょうか。
前の車にそんなに近づいて運転することがそんなに大切なのでしょうか。

私が車を止めて息子を降ろしたとき、そのバンは加速をして右車線を運転し、
飛んでいくかのような勢いで横断歩道を走っていったのです。そのとき小さな子供が
右手を高く上げて、横断歩道を渡ろうと待っていたのにです。
なぜそのバンは止まらなかったのでしょうか。

このようなドライバーが日本にたくさんいるせいで、毎年車の事故で
1万人以上の方が命を落としています。日本のどの都市においても、
もっと安全運転をしてもらいたいものです。
警察官がいるときだけでなく、いつもルールに従ってほしいものです。

横断歩道で待っている人たち、子供やお年寄り、ご近所の人がいたら
止まったらどうですか。1日でもたったの15秒くらいです。
そんなに急ぎたいですか?待つことが人の命を助けることになるんです。

私は南足柄に暮らしてかれこれ20年近くになります。
この期間にも、車の事故で何人も亡くなっています。
仕事に行くのに30キロオーバーで運転する必要はないでしょう。
あなたの人生において、横断歩道で待っている子供に向かってスピードを出すことは
大切ではないはずです。

スピードを落として、止まってください!これは私のためではありません。
日本の未来、子供たちの未来、過去の日本、そして年配者のためにしなくては
いけないことなのです。